納品するレイヤーの形態

納品用データと、保存データについて

 


 

【納品するレイヤーの形態】

 

完成後は、レイヤーを全て選択して、レイヤーを結合し、

レイヤーを一つにします。

この形でで納品するパターンが多いです。

 

レイヤー名は指定があれば従いましょう。


 

【納品用データと、保存データについて】

 

作成した後に、データを

別々で保管しておくとリテイクを受けた時の修正に便利です。

 

レイヤーを一つにまとめ、

そのデータしか存在しない状態にしてしまうと、

修正がやりづらい、ほんの少しの修正にも時間がかかってしまう事態を

生んでしまうので、

入稿するまではデータを別にしておくと良いです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA