絵を水彩、厚塗り風に変える

テクスチャで雨を降らせる

テクスチャを貼って服の質感を出す

 


 

なんちゃって水彩、なんちゃって厚塗りですが、

ブラシで描くのは苦手、今の絵を違うテイストにしたい場合に

気軽に出来る方法です。

 

簡単にできるので試してみてください。

 

使用するテクスチャをダウンロードをしてください。

 

 


 

【絵を水彩、厚塗り風に変える】素材:TX1、TX2使用。

 

①イラストの画像を一枚に結合します。

②テクスチャ素材を開き、選択モードでテクスチャを囲みコピーします。

③イラストの画像の方で、新規レイヤーを作り、ペーストします。

④テクスチャのサイズを拡大縮小、回転ツールで調節します。

⑤テクスチャのレイヤーモードを「オーバレイ」にします。

⑥テクスチャや、イラストを複製して濃度を変えたり、

不透明度を使うだけでも変化します。

⑦テクスチャの色味を色調補正で変化させる。

⑧テクスチャをぼかしたり、変形させるのも良いでしょう。

基本、写真や手描き素材、DL素材も、PSに取り込んだあとは同じ作業です。

 


 

【テクスチャで雨を降らせる】素材:TX3使用。

 

【絵を水彩、厚塗り風に変える】と同じ工程です。

雨素材は白黒で線を自作で描いたものも使えます。

 


 

【テクスチャを貼って服の質感を出す】素材:TX4使用。

 

キャラの服に模様や素材の画像を合成し、手軽に質感を出す方法です。

TX4をコピーして、イラストの貼りたいレイヤーの上にペーストしておく。

レイヤーモードは乗算。

TX4を選択しながら、ズボンの色のレイヤーをつかみ、レイヤーマスクを追加へドラッグアンドドロップをする。

影の色も同じ操作をする。

テクスチャの色が濃い場合は、テクスチャの不透明度を下げる。


 

<参考:絵師、漫画のカラーイラストについて>

 

ほとんどの作家がphotoshop作成のカラーイラストに

テクスチャを重ねています。

自分でテクスチャを手描き作成する方も多いです。

 

作成方法としては絵具やインクを手描きをします。

 

 

テクスチャ1枚でオリジナル感を出せるので、

いろんなテクスチャのタイプや色合いをたくさん参考にして、

photoshopで合成してみましょう。

 

素材屋から購入して作品に使うことも良いことです。

フリー素材も提供元を自分の作品に明記して使えばOKです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA