Instagramやアプリカメラの編集や効果でついている効果の一つ

 

「ビネット効果」

 

対象物の周囲を暗くすることにより、

見ている人の視線を対象物に誘導する効果をもたらします。

 

Photoshopでも簡単に作る方法があります。

 

メニューバーの「フィルタ」→「レンズ補正」→「レンズ補正」

ウィンドウが開きます。

 

カスタムタブの中の

「適用量」「-50」くらい、「中心点」「-25」くらい

数値は画像により変更した方が良いでしょう。

 

 

 

 

簡単に作ることができます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA